【専門店おすすめ♪ awa酒ペアリング】菊泉ひとすじ編

【専門店おすすめ♪ awa酒ペアリング】菊泉ひとすじ編

はじめに

ひとくちにawa酒と言っても味のバリエーションや各作品のストーリーはさまざま。本記事では、awa酒専門店の取り扱う各awa酒の味わいの特徴、オススメの合わせ方等をご紹介します!

味わいの特徴やオススメの合わせ方はあくまでも蔵元や業界の方のご意見を参考にしたものですのであらかじめご了承ください。

 

菊泉ひとすじ とは

埼玉県深谷市の蔵元、滝澤酒造株式会社 (以下、滝澤酒造)。滝澤酒造は1863年の創業以来、品質本位の酒造りを続け、すべてにおいて「箱麹法」という手作りの伝統製法を守り続けている蔵元さんです。酒造りの心臓部ともいえる麹室に、現在の東京駅でも使用されている深谷産のれんがを用いており、伝統的な製法だけでなく歴史的な建造物のなかで、先人の技を継承しています。全国新酒鑑評会4回連続金賞受賞、IWC2年連続金メダル受賞と、高い評価を受けている酒蔵です。

そんな菊泉のawa酒が「菊泉 ひとすじ」。ベルリンの高級レストラン Zenkichi Berlin にて採用され、dancyu 日本酒2019 など数々の日本酒特集にて取り上げられた実績のあるお酒です。

 

味わいの特徴

女性にも飲みやすい。甘くて酸味があるのでawa酒の中でもシャンパンの味わいに近く、単体で飲んでも非常に印象が強い。強めの甘味と酸味がバランスよく調和した、特徴的なawa酒。

おすすめの合わせ方

・たらこバターポテト

・埼玉県の名産(深谷ネギ・きゅうり・ブロッコリー)

・梅干し

・鶏肉の照り焼き

・鰹節

・乾物系 (ナッツ、イチジク、ドライマンゴー、ビーフジャーキー)

ワイン好きの方にぜひオススメしたい一品♪
「お客様ひとすじです」と言って取引先のお祝いの席で渡せば喜ばれるかも?!

 

基本情報

容量 : 720ml
アルコール度 : 12
酸度 : 4.8
日本酒度 : -30
精米歩合 : 60%
原料米 : さけ武蔵、五百万石 


前の投稿 次の投稿